個人でグッズ制作をしたいあなたへ

このサイトでは、個人でオリジナルグッズを作成したいと考えている方や、オリジナルグッズを作成している方にとって役に立つ情報をたくさん掲載しています。
グッズを製作する時には、コストや目的を考えるなどというコツや同人イベントやフリマへ参加する時の振る舞い、オリジナルグッズの制作時に苦労した話や、発注の流れはどのように行うかなど幅広い情報を扱っています。
グッズ制作に携わっている方にとって魅力的なサイトだと言えるでしょう。

個人でグッズ制作をする際のコツ

個人でグッズ制作をする際のコツ 自分でデザインしたオリジナルグッズは使う楽しみがありますし、企業の場合は宣伝にもなるでしょう。
個人でのグッズ制作の時には、いくつか気を付けたいコツがあります。
まず、グッズ制作をする時に決める必要があるのは、どんなグッズがいいか考えることです。
幅広い場面で使って欲しいから文房具を選択する、身に着けやすいキーホルダーにするなど、どんな場面で使用して欲しいかを考えてみるとグッズの種類を決めやすいです。
また、どれぐらいの数を作るかで方法を変えるのも一つです。
オリジナルグッズの制作量が少数であった場合は、自分で作るとコストを抑えることが出来ます。
しかし、大量に生産したり、クオリティを重視するなら業者に依頼することも検討しましょう。
個人のグッズ制作には自分で作ることや業者に依頼するなどさまざまな方法があるため、予算や好みに合わせて作成してみると良いでしょう。

個人でグッズ制作をしたい時のためにポイントと注意点

個人でグッズ制作をしたい時のためにポイントと注意点 オリジナルティのあるグッズを自分で制作したいと思っている方も多いことでしょう。
しかし、いくつか注意すべき点もあります。
まず、グッズ制作はあくまで趣味であり、個人で楽しむものだという認識が必要になります。
他の人のイラストや写真などを利用して制作したグッズを販売するといった行為は著作権や肖像権の侵害となってしまいますので、法律に違反しない範囲で楽しむようにするのが賢明と言えます。
また、個人でグッズ制作を行う場合企業のように大量に生産する必要はありません。
しかし、業者では大量の注文しか受け付けてくれないところも多くあります。
必要以上に注文して、ただの在庫として抱えてしまうことがないように、必要な数を注文するようにしましょう。
個人でグッズを制作というとなんだか難しいというイメージで捉えてしまうことがあるかもしれません。
しかし、業者をよく選び利用すれば、思いの外簡単に出来てしまいます。
自分で作った写真やイラストをアップするだけで、自動的にマグカップやトートバッグなどのあらゆる商品が自動的に作れてしまうのです。
中には一個から注文できるところもあるので、個性的で世界で一つだけの素敵なグッズを作ることができます。
自分のセンスを形にして、楽しんだり飾ったり友人にプレゼントとして贈るなど、魅力的な趣味の一つとしてグッズ制作を楽しまれると良いでしょう。

グッズ制作を個人で行う際には何日かかるのか

グッズ制作といえば専門の業者に会社が依頼し、何千という数を一気に発注するのが一般的でした。
しかし、昨今ではSNSなどで個人レベルの人物が有名となり、その上でグッズ制作を依頼するケースも増えています。
そのような場合においては何千ものグッズを依頼してしまうと、高確率で売れ残ってしまうことになります。
そこでもう少し少ない単位でのグッズを依頼するのが有効ですが、多くの業者は最低注文数を設定しています。
それを下回る数値では依頼できなかったり、割高料金にされてしまったりすることがあります。
それであれば個人で作成することも重要となります。その際には何日もかかってしまうことが予想されます。
特に本業が他にある方の場合には、1日5個くらいしか制作できず、7日間以上の期間がかかります。
その一方で仕入れの費用を抑えることができ、リスクが少ない商売を実施することが可能です。
一人で難しいときは友達と協力することもお勧めします。

グッズ制作を低資金で個人で副業にする便利な方法

現在ではインターネット上で誰でも簡単に商品を販売することができ、個人のホームページ上で販売をする方法だけではなく、ECサイトやフリマアプリなどで販売する方法もあります。
もしも副業でグッズ制作を行ってみたいと考える方は、ゼロから作る方法では資金が大きく掛かってしまうので、グッズ制作の専門会社の公式サイトを見つける方法であれば低資金からスタートさせることが可能になります。
ノベルティグッズの専門店の他、オリジナルTシャツの専門店、各種グッズに名入れをする専門店などがあり、元々のベースとなるグッズの数は非常に多いので、売れると見込んだグッズを用いる方法で失敗は防げます。
このタイプのグッズ制作の場合、自分で作成したグラフィックデザインを印刷、若しくは名入れをする方法に限定されますが、購入を検討する購買層の年齢や性別などを事前に決めておく方法でグッズのアイテム数を増やして販売を行えます。
注意点は最低ロット数の確認と、印刷を含めたトータル価格を確認すること、個数に応じて割引がある専門店の場合、その範囲を事前に確認することは必須です。

グッズ制作は個人で起業して行うことも出来る

通信販売の技術が発達し、誰もが参入することが出来る時代になりました。
ただし、その通信販売で売却する品物については個人での仕入れに依存しています。
そこでお勧めなのがグッズ制作を目的とした起業を行うことです。
起業してグッズ制作を行うことにより、様々な費用を経費で落とすことが出来ます。事業規模が大きくなればなるほどメリットが大きくなっていきます。
ところが、法人税の支払いなどややこしい部分も付いてくるので、あくまでメリットとデメリットの両方を踏まえて選択する必要があります。
かつて企業を作る際には本店の所在地、資本金などが求められるようになっていました。
しかし、近年ではネットを活用することによって本店所在地は必要なくなり、最低資本金の制限も極めて小さいものとなっています。
家族に手伝ってもらう場合には、それらの給料が税制的に優遇されるといった利点もあります。
確定申告の必要はありますが、手間を補うだけの魅力はあるといえるでしょう。

グッズ制作を手助けしてくる個人用アプリもある

グッズ制作をするにあたって最も重要になることの1つはデザインです。
手書きで行うとすると絵のセンスなどが出てしまい、苦手な方にとっては大きな関門にもなりえます。
そこで便利なのがアプリを使うという方法です。昨今ではデザインを簡単に行えるタイプのアプリが数多くリリースされており、それを利用することによって絵が苦手な方でもデザイン出来ます。
グッズ制作を個人で行うにはまさにうってつけといえるでしょう。
1つだけ気を付けなければならないこともあります。
それはテンプレ―トなどがフリーであるかどうかです。フリーでないテンプレートを使用するとそれは商業利用を行うことが出来ません。
それゆえにグッズ制作および販売を前提とするのであれば、フリーのテンプレ―トやデザインのベースを使用しましょう。
グッズ制作は小規模であれば個人で行えますが、大規模になれば企業を作ってから大量生産を行うという方法も無駄がなく有効となります。

個人のデザイナーがグッズ制作して広めるには

個人でデザインをするデザイナーでも、グッズ制作を簡単に出来る世の中になってきています。
一つはネットプリントの活用で、紙以外のものにも適用できるのが大きいのではないでしょうか。
缶バッヂであったりボールペンであったりと、ちょっとしたイラストを描ければそれを簡単にグッズにしてもらえます。
印刷物の特徴で数が多くないと発注できないという要素もありますが、それを逆手に取って安めで請け負うサービスも登場しており、自分が専門のマシーンを買わなくてもかなり様々なものが購入出来るのです。
グッズ制作をしたらどうするかというと、ネット販売やイベント出展により知名度をアップさせられます。
イベントは基本的に販売の場所でもあるので、それを売って稼ぐ事も可能ですし、その前段階でSNSなどでファンを増やしておけば、買いに来てくれる人も増えるでしょう。
ネットの登場がデザイナーにとって発表しやすい土壌をたくさん増やした事は間違いない事であり、これからの人はそれを利用するスキルを求められるのです。

個人が自由に様々なキャラクターのグッズ制作をすることができない理由

最近ではキャラクターグッズが比較的高額で販売されることも多くなっており、なかなか自分で入手することができないと考えている人も少なくありません。
従来は非常に安い価格で販売されていたことも多く、その中にはあまり本物とは似ていないものが存在していたり、あるいは非常にその作りが雑だと感じられるものも少なくありませんでした。
しかし近年ではそのようなものはほとんど販売されておらず、また高額な価格となっているものも多くなっています。
本来はキャラクターグッズはそのキャラクターの様々な部分をできるだけ忠実に再現することが目的であり、そのためにはキャラクターの持つ特徴を緻密に表現することになります。
実際にはこれらは法律上保護されていることが多く、第三者が勝手に使用するとその法律の制約に違反することになるため、処罰の対象となることもあるため注意が必要です。
個人で様々なグッズ制作を行おうと考えている場合、又はその権利を正式に取得することが重要となります。
そのライセンス使用料が一般的には販売価格に上乗せされることになるため、自由に個人でグッズ制作を行うことが事実上できなくなっているのが実態です。

個人でグッズ制作を制作から販売までする方法

個人でグッズ制作をしても、販売する方法が分からなければせっかくグッズ制作してみてもちょっと飾ってみるだけでおわってしまいます。
せっかく作ったものですから、どなたかに購入していただければこんなにうれしいことはありません。
制作から販売まで個人でもお金につなげることはできます。
制作するグッズは、ご自身が好きなものでOKです。
もし、何を作ったら良いのかわからない場合は、販売するときに利用するサイトから決めることがおすすめです。
販売サイトによっては、Tシャツに特化したサイトやタンブラー、缶バッジなどに特化したサイトがあるので、ご自身が利用しようと思うサイトを決めてからグッズ制作に進むこともできます。
サイトごとに特色があり、在庫を抱えなくても良いシステムのところもあるため、ご自身の目的や状況によってどの販売サイトを使うかじっくり見定めると遠回りせずに済みます。
販売を前提に制作すると最後まで完成させやすくなるので、本当に販売するかどうかはおいておいても販売する前提で制作してみるのもおすすめです。

趣味や副業で個人がグッズ制作を行う際の注意点

アニメやゲーム、さらには漫画などのグッズは持っているだけで心が豊かになり、毎日の生活を楽しくしてくれるものです。
そういったグッズは多くの種類が発売されていますが、自分で欲しいグッズを作りたいと考える人もいるはずです。
しかし、個人がグッズ制作を行う際はいくつかの注意点に気をつける必要があります。
まず、アニメやゲームなどに登場するキャラクターや服装、武器やアイテムは著作権で保護されており、著作権を保有する人や会社以外が自由に使うことは認められていないのです。
個人利用なら問題ないことが多いですが、グッズを制作して販売することは出来ません。
では自分でグッズ制作が出来ないのかというとそうではありません。
現在はSNSなどでオリジナル小説や漫画を発表している作家が数多くいて、そういった人にアプローチして許可を取ればグッズ制作を行うことが可能です。
趣味や副業でグッズを作る場合は、著作権に抵触せず許可を得ることを第一に考えましょう。

グッズ制作を個人でするなら需要の見極めが重要

グッズ制作は個人でもできますが、制作するなら需要を見極めて作る数を決めることが重要ではないでしょうか。
予測が甘いと在庫が余ってしまい、在庫を抱えて困ることになります。
個人でいきなり50個や100個を0にできる人は限られるので、まずは様子見で数個グッズ制作を試作することをおすすめします。
数個であれば大きなコストはかかりませんし、単価が多少割高でも在庫リスクを抱えるよりはマシです。
大量の在庫を抱えるリスクが避けられるので、安心してグッズ制作することが可能です。
試作してSNSやブログに情報を上げれば、反応から需要を予測できます。
アンケートをする方法もありますし、フリマアプリなどで試験販売するのもリサーチに役立つ良い方法です。
グッズ制作は利益目的に限らず、安易に大量制作すると在庫に悩むことになります。
赤字覚悟で頒布するにしても、予測を見誤ると大量に余ることになり得るので、作る個数については慎重に決めることが大事ではないでしょうか。

個人が依頼するグッズ制作は自宅に商品を届けてくれる

オリジナルのグッズができるグッズ制作サービス。
こちらを利用することで、世界に一つだけのグッズ制作が可能です。
個人でも利用でき、一つだけの制作というのも可能となっています。
個人で制作をするときは自宅にグッズを届けてくれます。
いちいち自分で取りに行く必要がないのです。
自分で取りに行かなければならないのなら、数が多いときは車が必要になります。
自家用車がないのならタクシーで行くことになるので、それだけ費用が膨らんでしまいます。
自宅に届けてくれるのなら、このタクシー代を抑えることが可能です。
これからグッズ制作をしようと考えている人は、このようなサービスを提供してくれる会社に依頼するようにしてください。
他にも、グッズ制作をするときに押さえておきたいポイントはいくつかあります。
ここには書ききれないので、制作依頼をしようと思っている人は一度この部分について確認しておく必要があります。
そうすることで、費用を抑えて依頼することができるでしょう。

オリジナルグッズに関する情報サイト

オリジナルグッズ制作なら

新着情報

◎2023/10/23

情報を追加しました。

>個人が自由に様々なキャラクターのグッズ制作をすることができない理由
>個人でグッズ制作を制作から販売までする方法
>趣味や副業で個人がグッズ制作を行う際の注意点
>グッズ制作を個人でするなら需要の見極めが重要
>個人が依頼するグッズ制作は自宅に商品を届けてくれる

◎2022/12/20

情報を追加しました。

> グッズ制作を個人で行う際には何日かかるのか
> グッズ制作を低資金で個人で副業にする便利な方法
> グッズ制作は個人で起業して行うことも出来る
> グッズ制作を手助けしてくる個人用アプリもある
> 個人のデザイナーがグッズ制作して広めるには

◎2020/11/19

ノベルティ制作のデザイン案
の情報を更新しました。

◎2020/9/1

個人で記念品を作る時にも利用できる
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

個人におけるグッズ制作・販売
の情報を更新しました。

◎2020/5/12

個人でのグッズ制作における苦労
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

個人での発注の流れ
の情報を更新しました。

◎2019/12/27

サイト公開しました

「グッズ 制作」
に関連するツイート
Twitter

今回の芸カ、新刊の他にごく少数だけどマイキャラグッズも作ろうかと思い、週末ちまちまとデータ作ってさっき入稿した。制作に特に問題が無ければ来週詳細を発表します。

🍀会員様向け音声配信更新🍀 #29 『グッズ制作と菜の花の記憶』 皆さんはグッズ制作したことはありますか?自分が今作るグッズの話をしてみました。

ゲーム制作第一でがんばります 大きいグッズはスケジュール的に難しいかも🦆

返信先:遊矢はデザイン公開段階からすでにめちゃお姉様に人気だったよ 今の遊戯王のグッズ制作の流れを作ったのは間違いなくやつ

絵にノイズかけるのマジで嫌だな…と思うけどこれを気に同人経験もグッズ制作経験もないのでそろそろ印刷物作って売るって経験しときたいしないとなぁと